レモンが教えてくれたこと

 

レモンが好き。

 

レモン味が好き、レモン風味が好き、レモンケーキが好き。

もちろん、味やレモンの使われているなにかが好きというのもある。

 

しかし、ここで書くレモンが好きというのは

造形や印象のようなこと。

 

「円とも楕円とも言えない形」

「みどりっぽい黄色」

「ざらついているような、艶やかなような表面」

 

手のひらに収まるそれがなんとも愛おしい。

 

絵を描く時のモチーフに対する視点や感動は、

レモンが育んでくれたのではないかとさえ思っている。

 

積み重なっていたり、転がっていたり、実っていたり、

そこに存在している状態の違いによっても受ける印象は変わる。

 

ぽてっとした見た目の印象と

口に含んだ時の刺激はおもしろいギャップ。

 

皿のうえでは華やかさを与え、ぼやけた味にはアクセントを加える。

主役でこそないけれど、十二分な役者っぷり。

 

レモンをテーマにした味や物に魅力を感じるというよりは、

レモンがもともと持つニュアンスのところに惹かれる。

 

レモン味のお土産やレモングッズをたくさんもらっても困る。

それならば、2つ3つばかりを紙袋にでも入れて渡された方がよほど感動を覚える。

 

食物の重量、存在を感じた瞬間にこそ描きたいという衝動が湧き立つ。

 

物質的な価値よりも重要なことを自然や食物は教えてくれている(思い出させてくれる)。