描くことを選んだのです

 

漫画に描かれている絵がとても綺麗だと思った。

 

漫画は読むことも好きだったけれど、

ぱらぱらとめくりながら、

絵を眺めているのも同じくらい好きだった。

 

いつしか、気に入ったシーンをスケッチブックに写すようになっていた。

 

絵についての興味が深まると、

「こんな風に描きたい」と思うようになった。

 

「こんな風に描きたい」と思って、

理想を目指して描けば描くほどワクワクしていたのを覚えている。

でも、理想を持って描き進めると、それを叶えることは随分と難しいことに気がつく。

 

理想に対して試行錯誤をすればするほど、

絵のことが分からなくなり、

楽しいという感情以外のものが嵐のように襲ってきた。

それは、自身が成長すればするだけ激しさを増した。

 

高校にあがるころには、絵を描くことが分からなくなっていた。

 

小さい頃、よくいく場所の一つに美術館があった。

当時は自分の興味というより、父の興味ではあったけれど、

なんだか頭のスミに"美術"の二文字が残った。

 

高校生になると、原画展や美術展で絵を見ることが増えていた。

そして、めちゃくちゃ本を読みふけっていた。

 

本を読んでいると物事を深く考える時間を与えてくれる。

美術展に行けば、作品や芸術家のバックグラウンドを学びたくなる。

 

だんだんと、絵としての巧さやビジュアル的な美しさを求めることよりも、

絵の内面的な部分に惹かれるようになった。

 

普段、どう過ごしてどんなものに関心があるのか。

絵ではなく、身の回りのことや感情的な部分に意識が向いた。

 

朝、窓の外をぼーっと眺める。

道に咲く草花。

屋上で揺れている洗濯物。

 

日々の些細な瞬間にさえ開放感を覚えた。

 

「絵を描きたい」と思った。

 

絵を描くことは楽しいばかりではないけれど、

苦しいことさえ受け入れて描いていきたい。

 

絵のための絵ではなく、本当に伝えたいことを伝える手段として

"描くこと"を選んだ、と今はそんな風に思う。